『香樹院語録』六~

六。越前湯の尾峠にて御泊りの夜、仰せに

 聞いたものは知って堕ちる。聞かぬものは知らずに堕ちる。知っても知らいでも、皆堕ちる 1。浄土参りは信心一つじゃと仰せられ候。 2

   七。歌六首

上宮太子御殿の左右に櫻と萩とをうえくれける心を
 春秋はさくらと萩をそのままに
     雨にそそぎて花たてまつる。
    萩未綻
 秋きぬとまちつるほども久しきに
     ほころびかぬる萩のはつ花。
    無 題
 念仏の声だに口にたえせずば
     御名よりひらく信心のはな。
    同
 助くるぞための母のよび声の
     今ぞきこえし南無阿弥陀仏。
    同
 思うことかなわねばこそ嬉しけれ
     かなわぬだにも厭われぬ世ぞ。
    同
 往生を願う心にかわりなき
     たのしみうくる今日のうれしさ。

八。法を聞く時と聞かぬ時と

 信を得たればとて、聞いて居る時と聞かぬときとは違うほどに。その聞いた時の有難さを思い出して、喜ぶのに少しもかわりのないのが信を得たのじゃ。
  (香山院龍恩講師註して曰く、御馳走たべて居るときと、家へ帰って居るときとは、同じかろう筈はない。思い出しても甘かったと思うばかり也、と。)

 人毎に聞く時は難有う思うが、その座を去れば、なくなると云うことなれども、いよいよなくなりて仕舞ならば、信を得たではないほどに。
  (香山院師これに添えて曰く。さっぱりなくなりはせぬ筈なり。)

Notes:

  1. 聞いたものは知って堕ちる、というのは、不可思議の仏智の救いを我が物にしようとするから堕ちるという。これを自力ともいふ。
  2. こちら側に信心が全くないから如来のご信心一つの救いであるという意。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です